しがないインフラエンジニアLOG

インフラエンジニアとしての諸々

インフラエンジニアがブログを書くことについて

はじめに

はい。一年ぶりぐらいのポストですね。

誰やねん的なのはtwitterなりFacebookなりWantedlyなり見てもらえればいいと思います。

(今度ブログにも自己紹介ページ設けます。いつか。多分)

 

タイトルからいきなり「インフラエンジニアがブログを書くことについて(ドヤァ)」と大層なタイトルをつけてしまいました。

こうやって人はブログを書くハードルを上げてしまい書かなくなるのです。

かれこれ数回ポストしては書かなくなり、数回ポストしては書かなくなりを8年間続けて来ました。

学生の時のダイエットブログとかも含めると12年ぐらいブログを書くことに飽き続けててます。

 

でも飽きても飽きても書こうって思うってことは重要だと自分が思うから書くんだと思うんですよね。

なのでこれからは続けることを第一の目的としてチラシの裏的なブログを書いていこうと思います。 

そもそもなぜブログを書くのか

では本題に入ります。

そもそもなんでブログを書くことが重要だと思うかというと、以下がパッと思いついただけで上げられると思います。

  • アフィリエイトで儲かる(めちゃくちゃ読んでもらえれば)
  • 知名度が上がる(めちゃくちゃ読んでもらえれば)
  • 本が出版できる(めちゃくちゃ読んでもらえれば)
  • 転職の時に役立つ(まぁまぁ読んでもらえれば)
  • お金持ちになれる(結構良い企業に転職できたらor本がめちゃくちゃ売れれば)

結局金ですね。

ブログを書いている人はみんなお金が目当てで書いているのです。

なのでこれからブログを書いている人を軽蔑するようにしましょう٩( 'ω' )و

お金以外のブログを書く理由

これだけだと炎上一直線なのでお金以外でブログを書く理由を書いてみました。

  • 自分の考えが整理できる。
  • 文章力が上がる。
  • 技術の情報の取りまとめができるので自分の知識が上がる。
  • 社会貢献できる。
  • 会社の宣伝になる。

以上がお金目的以外で当てはまるかなと思います。

まぁ知名度が上がるも技術の情報が集まってくるようになるので、こっちにカテゴライズされるかもしれません。

自分の考えが整理できる。

個人的にはこれが一番大事だと思います。

文章を書くことで自分の中でバラバラになっていた考え方がまとまっていく。

それはインフラエンジニアにとってというか人間にとって大事なことだと思います。

そのためのツールとしてブログは最適だと思います。

文章力が上がる

普段からドキュメントを書いてればいいんですが、最近IaCとかでインフラエンジニアもコードで表せばよくね?みたいな風潮ありますよね。

あと「Slackばっかりでちゃんとした文章がかけない」・・・あると思います。

普段から一定の量の文章を書くことで文章能力が上がりますよね。

特にSIやってるインフラの人だと設計書書く機会も多いと思います。バリバリ書いて文章力を上げておきましょう。

技術の情報の取りまとめができるので自分の知識が上がる

これが一番大きいと思います。

なんか技術ブログ書いてる人って「技術情報を世間に広めてエンジニア界隈を発展させる」っていってるような人も結構いると思うんですけど、正直「それ一次情報見ればよくない?」って思うことも多いんですよね。

それか「すでにQiitaにあるでしょ」みたいな。

 

いや素晴らしいブログも沢山あるんですよ。

一次情報が英語だったりするので理解が早くなったりもしますし。

 

ただ僕たち凡人エンジニアは技術情報を広める効果よりも「技術の情報の取りまとめができる」ことのメリットの方をかなり大きく享受してると思います。

オープンソースのコミッターの皆さま。RFCとかそういう仕様作ってる方々。あなた達はもっとドキュメント書いてください。凡人エンジニアのお願いです。日本語がいいですね。)

 

やっぱり人に教えるのってかなりの理解力が必要なんですよね。

教える人がいないけどブログという形なら人に伝えるレベルの文章を書かないといけない。

結果として自分の知識が向上する。

これが一番ブログを書くメリットだと思います。

社会貢献できる/会社の宣伝になる。

「社会貢献ができる」と「会社の宣伝になる」はこれを目的で書くと自分がブログを書くことに飽きるのが目に見えているので僕の目的ではないですが、多分これを目的にしている人も多いと思います。

テックブログで有名な会社さんでクラスメソッドさんとかいますけど典型ですよね。

ブログの会社というだけであれだけ訴求力があるんですからテックブログの効力は結構なものがあると思います。(知らんけど)

 あれ?結構メリット多くない?

書いてて思いましたけど結構メリット多いですよね。

描き続けないと損だと思いました。(僕が)

なのでこれからも書き続けたいと思います。(僕が)

書いてない皆さんは書かない方がいいと思います。なぜなら皆さんのレベルが上がってエンジニア全体のレベルが上がってもっと頑張らないとお賃金のレートが上がらなくなって困るからです。(僕が)

だってメリットしかないじゃないですか。

というわけでこれから

というわけでこれからチラシの裏みたいなブログを書き続けたいと思います。

真面目に書くとすぐ飽きてしまうので。僕による僕のためのブログを心がけたいです。

 

頭の整理を目的としているので読むに値しないこともあるかと思いますが、自分に対してのブログという位置付で書き続けたいと思います。

フィーリングとかガッツとか気持ちとかパッションがこのブログとめちゃくちゃ合ったり、暇だったりして死にそうな方は読んでください。

 

でもたまに技術的なこと書くと思います。

だって普通に仕事中にメモしてることをポストするだけでいいんだし。

その時は「あ、まともなこと書いてるな」と思ってやってください٩( 'ω' )و

 

おまけ

ここまで読んだ暇人の方は思ったでしょう。

「インフラエンジニア関係ないやん..」と。

そんなあなたのために僕のオススメするブログ3選をおまけでのっけちゃいましょう。

 

hb.matsumoto-r.jp

はい。インフラエンジニアならご存知まつもとりーさんのブログです。

僕はこのブログに出会って人生変わったと言っても過言ではないです。

 

特に昔のポストの「Linux系インフラエンジニア3年目のスキルを見抜く50の質問」 ってポストを読んで見てください。心折れますから。

人間とウェブの未来 - Linux系インフラエンジニア3年目のスキルを見抜く50の質問(ホスティングの場合)

僕はエンジニアを始めて3年目で転職しましたが、その時にこのポストを読んで心が折れました。

「無理や・・自分のレベルが低すぎる・・・」と。

 

ただその時から世の中のインフラエンジニアは3年目でこんなことが出来るのだというハードルが上がった状態で生きてきたのである意味高地トレーニング状態でした。

まつもとりーさんありがとうございます。いつかお会いしてお礼が言いたい。

 

nippondanji.blogspot.com

お次は漢のコンピューター道。

DBについて勉強する時はこちらをチェックしましょう。

 

blog.father.gedow.net

最後にドリコムの外道父さんのブログ。

こちらのインフラエンジニアを一から育てた以下のポストは初心者インフラエンジニアの方は必見です。

(新卒でこんな教育受けてたら多分後々の人生イージーモードでしょう。羨ましい。)

新卒インフラエンジニアを育成した話 | 外道父の匠